人生相談所に勤めてるけど質問ある?

人生逃げてもいいと自信を持って言えるように、逃げた先の可能性をつくりたいブログ

焦る気持ちはだいじなきっかけ。目をそらさずに大切にあつかってみる。


f:id:wa9ta:20170711083000j:image

 

世のニートや引きこもりの多くは、日々焦りを抱えながら暮らしてると思う。

なにをしても結果が出なくて、時間ばかり過ぎていく。

結果が出ないのはしんどいけど、気持ちが焦るのは悪いことだけじゃない。

心が変化を求めてるサインだから、だいじに扱ってみるといい。

 

焦りとは、暮らしと気持ちが停滞してまわりとの差を感じること

ぼくはこの仕事をはじめて2年くらいたってから、ずっと焦りを感じてる。

自分がなまけてるような、手を抜いてるような。

そのあいだに、自分より年下のもっとすごい人はどんどん先を走ってる。

 

いまの人生相談所の仕事をはじめてから、それなりに忙しい毎日を送ってる。

役所や他の相談所でうまくつながらなかった人とじっくり付き合って、なんとなく自分の道を歩んでる姿をみるのがとても好き。

なんとなく成果も出てる感じもする。

 

でもどこかものたりない。

それはたぶん、同じことの繰り返しをしてるから。

本来、同じことを繰り返すのは悪いことじゃない。

反復練習は上達には不可欠だ。

でも、同じ場所をグルグル回ってるだけなんだとしたら、それはただの停滞だ。

 

ぼくはTwitterで意識してぜんぜん違う業界の人をフォローしてる。

自分が働いている福祉業界とほかを比べてみると、その変化の遅さにいつもがくぜんとする。

業界全体としてはそうなんだけど、しっかり変化を取り込んでる人ももちろんいる。

そうした人の姿を見てると、ますます焦る。

 

焦りとは、停滞した毎日に変化を求めるだいじなきっかけ

でもふと立ち止まると、この焦りは悪いもんじゃないな、と気づいた。

はっきりでなくともいまの停滞に気づいてて、心が変化を要求してるってことだから。

いまのままでいいと思ってたら焦りなんて感じない。

逆に、自分で自分の焦りを感知できなかったことを考えると、ぞっとする。

 

 

 

焦る気持ちは行動してはじめて発散できる。

目をそらして一時しのぎしても、あとで必ず倍になって襲いかかってくる。

すごいと思う人のマネをしてみるのもいい。

自分のことを客観的に見てくれてそうな人に相談してみるのもいい。

 

失敗してもいいから行動を起こして、結果をふりかえって、学びを得て次につなげる。

逆に考えるんだ。「失敗しちゃってもいいさ」と考えるんだ。 - 人生相談所に勤めてるけど質問ある?

 

行動のきっかけを焦りがもたらしてくれると思えば、焦りも悪いもんじゃない。

 

おわりに

夜中に突然焦りの気持ちがわいてきて困ったので書いてみた。

自分もちゃんと行動してみて、気が向いたら結果をここに報告してみる。