読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生相談所で働いてるけど、なんか質問ある?

「生きてていいかも」が3ポイント上がるブログ

病気や障害になったときの支えになる「障害者総合支援法」は、義務教育で教えても良いレベル

小難しい名前で、全然世間に浸透していない「障害者総合支援法」
障害や精神科の病気がある人には絶対知っておくべきで、中学・高校で教えても良いレベル。
これに限らず、福祉制度ってどうしようもないくらい複雑で分かりにくいのが困りもの。
細かいことは置いといて、ざっくり説明してみますね。

 

f:id:wa9ta:20150315154645j:plain

障害者総合支援法=介護保険の障害者バージョン

「障害者総合支援法」は聞いたことなくても、「介護保険」だったら耳にしたことがありますか?
おじいちゃんおばあちゃんのお宅にヘルパーさんが来てくれたり、デイサービスに行ったりするアレです。
アレの障害者バージョンだと思ってくれれば大丈夫。

つまり「障害者総合支援法」とは、障害のある人の身の回りのこととか、昼間通うところや住むところなど、生活を支えてくれる仕組みのこと。

ちなみに、障害のある子どものための支援は「児童福祉法」の範疇でやるそうで。
ややこしやー。

 

f:id:wa9ta:20150315154844j:plain
使える支援はざっくり4種類

じゃあ、具体的に何をしてくれるのか。
ざっくり分けると4種類あります。

1.来てくれる支援:ヘルパーさんに来てもらって、家事をお手伝いしてもらったり、一緒にお出かけします。

2.通う支援作業所に通って簡単なお仕事をしたり、一般のお仕事に就職する練習をします。お仕事をしないでゆっくり過ごすところも。

3.泊まる支援:お家を離れて何日かお泊まります。家族と離れてゆっくりしたり、合宿みたいに身の回りのことを練習するところ。

4.暮らす支援:お家を出て、グループホームとか施設で暮らします。グループホームとは、街中で一軒家とかアパートとかで集まって、世話人さんの支援を受けながら暮らすおうちのこと。

 

ぶっちゃけ、大昔は「障害のある人は山奥の施設や病院に入れちゃおう」って感じでした。
それはあんまりだし、配慮があれば普通に暮らせるから、街中で生活しようよ!って流れになってます。
でも実際は、家の近くに障害ある人が集まって暮らすことがわかると、あからさまに反対運動が起こったりしてます。


21世紀ってもっと未来だと思ったのですが…。

 

 

f:id:wa9ta:20150315154955j:plain

手続きしてから使えるようになるまで長いと1〜2ヶ月

では、どうすれば障害者総合支援法の支援を使えるようになるのか。
使えるようになったら自動的に教えてくれるような便利機能はありません。
こうした福祉制度は役所の窓口で「お願いします!」って言う必要があるのが日本の常。だったらもっと広報しろー。

前提として、障害者手帳を持っているか、自立支援医療(障害や精神の病気に関する医療費が安くなる仕組み)を使っているか、お医者さんの診断書を出すことが利用の条件。
ケースバイケースですが、基本的には公的な証明が必要ってことですね。

 

その証明を取るのも含めて、手続きはだいたい市か区の障害福祉課が窓口です。
お住まいによって名前や窓口が違うことがあるので注意!
窓口で「障害のある人の支援を使いたいんですけどー」って言えば、流れを案内してくれるはず。具体的には下の通り。

1.申請:受けたい支援を伝えて書類を出します。

2.認定調査:窓口やご自宅で、係の人から「何ができて何に困ってるのか」を聞き取り調査を受けます。だいたい1時間くらい。

3.結果がでるまで待つ:支援の内容によって、時間のかかるものとかからないものがあります。長いと1〜2ヶ月…。

4.ケアマネージャーを頼む:結果を待つまでの間、どんな暮らしを望むのか、どんな支援を使うのかを、ケアマネージャーさんにお願いして一緒に考えてもらいます。
ケアマネさんは、本人の話を聞いて使う支援を計画に起こし、支援を担ってくれる人を探してくれます。

 

 

f:id:wa9ta:20150315155027j:plain

今「親亡き後」が大問題! 若いうちからの準備が大事

いま、障害のある人を取り巻く大きな問題の一つが「親亡き後」
知的障害者の9割、精神障害者の5割近くは親などの親族と暮らしています。
家事とかお金の管理とか、身の回りのことを親に頼っている人も少なくありません。
親がいなくなった後にご本人だけでどう暮らせば良いのか、多くの人が悩んでいます。

じゃあ、一人になったらヘルパーさんに来てもらったら良いじゃないか、と思ったアナタ! それは甘い。
何十年も家族とだけ暮らしてきた人が、いきなり知らない人を受け入れられると思いますか?
障害や病気があったらなおさら大変ですよね。

経験のないことをチャレンジするのは誰だって不安なもの。
だからこそ、親が元気なうちから少しずつ支援を使って慣れておく方が絶対良い!
もっと言えば、お試しで親もと離れて暮らしちゃうとかもアリですよー。

広告を非表示にする